ベッケンが趣味について語ったり、実況プレイをしたりするブログです

2017/10 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、ベッケンです

記念すべきフルボッコ攻略記事第1弾は…

現在開催中の育成イベント「突然開幕はにわスタジアム」の最高難易度・スペース級の攻略をしようと思います!

ますは基本情報↓(公式サイトより抜粋)

「はにわバトル・スペース級」
 ・難易度 125
 ・スタミナ 50
 ・バトル 5
 ・デッドライン到達時のダメージ 15600
 ・ゴールド 6500
 ・経験値 1600



消費スタミナは圧巻の50!なので中級~上級者向けの育成イベントになっています

難易度もそこそこ高く、しっかり対策をしないとあっという間にデッドラインを割られてしまいます

まず、登場する敵キャラは全て無属性です

無属性に有利な属性は同じく無属性なのでできる限り無属性のユニットを連れて行きましょう

ただ、☆5無属性ユニットはガチャ限かイベント限定ユニットがほとんどなのでいれば有利になるという認識で大丈夫です

もしくはトレジャーユニットの☆3→☆4になる無属性ユニットに武器を装備して使うという手もあります


高難易度の無属性のユニットは想像以上に固いです。

なので高い攻撃力を持つユニットで一気に倒せるようにしておくと楽になります。

例えば、神域ヒーロー、決戦超進化ヒーローの「自身の攻撃力が上昇」のリーダースキルを活用したり、覇王ヒーローの「攻撃力が2倍になる」リーダースキルを活用すると倒すが楽になります。

神域、覇王が無いとクリアできないのか?と言うとそんなことはありません

LF1.4倍のリーダースキルでも十分攻略は可能です


ご存じの通り、敵のはにわは高防御で最低ダメージしか与えられません

各クラス毎に与えられる最低ダメージは異なるので、どのクラスが効率よくダメージを与えることができるのか把握しておくとはにわを倒すのが楽になります。

ここで、ベッケンオススメの攻略クラスを紹介します!

1.獣人クラス

道中の敵にも効果的にダメージを与えることができ、はにわに対しても自慢の手数で一気に体力を削ることができるので安定して攻略することができます

獣人は左右の2wayショットが最低2ダメージ、肉球ショットが最低1ダメージ与えることができます。


2.侍クラス

2.5バージョンアップのショット調整で弾のスピードが上がり、一気に強力なクラスになった侍

道中の敵も持ち前の攻撃力で安定して倒すことができ、はにわに対しても最低4ダメージ与えることができるので一気に倒すことができます

「はにわの手前の敵を攻撃していたら後ろのはにわが死んだ」なんてことも起こりますw


3.忍者クラス

2.5バージョンアップのショット調整で手裏剣の最低ダメージが3に上がったことで対はにわ最強クラスになった忍者

的確に手裏剣をはにわにぶつけることではにわの体力が一瞬で減ります

英傑忍者のASでは手裏剣を同時に3つ以上投げるので、複数の手裏剣をうまく当てればはにわを瞬殺できますw

ただし、道中の敵を倒すのに若干火力不足になりがちなので注意


4.ドラゴンクラス

高攻撃力で道中の敵を一掃し、はにわに対しても有効なダメージを与えることができるドラゴン

2.5バージョンアップのショット調整で着弾時にもダメージ判定が追加されたことではにわに対して与えるダメージが大幅アップ

着弾時に最低8ダメージ、爆発で最低6ダメージも与えることができます


上記以外のクラスも2.5バージョンアップの調整ではにわに対して効果的にダメージを与えられるようになりました。

全クラスの中でも特に使いやすいなと個人的に思ったクラスを上げてみました


ベッケン一押しの攻略パーティーはケモパ、ドラパです!

理由は道中の敵を的確に倒していけるのでデッドラインに到達される可能性が低いです


はじめてのフルボッコ攻略記事、いかがでしたか?w

何か間違ってることがあればご指摘お願いしますm(_ _)m

次回は、今回の記事でも2.5のショット調整について触れたのでその事についてまとめてみようかなと思います!

それでわノシ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bekken.blog100.fc2.com/tb.php/519-c61a5dbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック